地元の違う二人の結婚式は大変!?

私は、結婚3年目。主人は愛知出身、私は北海道。
いやぁ~結婚式するときは大変でした。。。

まず、自分は北海道の式にしか参加したことがなかったので
とりあえず、本州スタイル(特に名古屋スタイル)をネットで調べました。
ちがうことは知っていましたが、ここまで違うとは。。。
会費制と招待制があるのはわかりますが、まず、開催者がちがうんです。
その前に、北海道は披露宴でなく祝賀会が本当の呼び名です。
北海道スタイルには、発起人というものがいます。大体が友達です。
その友達が、開いて祝ってくれるから「祝賀会」
だから会費制になるんですね。さすがに友達がお金払うわけにはいきませんw

本州スタイルは、両家が開く式です。だから「披露宴」
だから両家がみんなを招くから招待制になるのです。

ということで、席もおのずと変わります。
北海道スタイルは、発起人が新郎新婦やそれぞれの家のために行うのだから
家族は「上座」です。
本州スタイルは、両家が開くので、家族は「下座」です。

義理の父もここを説明して納得してもらうのに時間がかかりましたw
実際に式が終わって話を聞くと、嫁の花嫁姿を近くで見れたから最高!って言ってましたがwww

あと、本州の人たちが北海道の式に出てびっくりするのが、
会費の支払い方です。
普通に財布から裸のお金(しかも新券でもない)を払います。
ご祝儀というものが基本ないですから。
今は会費の相場は、1万5千円くらいかな。
私が結婚式にでるようになってから。じわじわ上がっていますw
昔は1万3千円くらいが多かったです。

なので、うちの場合は、受付を別にしました。
新郎側受付では、招待制を装い、新婦側では会費制。
あとで、新郎側のご祝儀を会費に充てるというやり方でした。

それぞれの地域によって違う結婚式スタイル。
うまく結婚式を終わらせるには、お互いのスタイルを否定するのでなく、
お互いの結婚式(披露宴・祝賀会を含めて)のルーツなども知ることで、
二人(両家)だけのスタイルを作ることが最高の結婚式ができると思います(^0^)
納得しないでやると後でもめるんでw
結婚式は何かと準備が大変なので、時期に合わせて事前に決める、結婚準備スケジュールも見てみると参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です